最先端の検査

病院

保健科学研究所は、多様な検査を請け負う専門機関です。病院で行われるあらゆる検査に対応しており、中でも遺伝子検査は特に注目されます。遺伝子を調べることで、使用前に薬の効き目を把握することが可能です。副作用が伴う薬は、特にこういった検査が役立ちます。

More Detail

治療内容が豊富

病棟

通常の内科診療だけでなく、企業向けにサービスを展開していたり、健康診断や自費治療も出来たりするということで、梅田クリニックには多くの人が訪れています。病気を予防する、また健康、美容の維持のために足を運びましょう。

More Detail

生活習慣病の予防

看護師

大阪に人々の健康を維持し、病気を防ぐための健康診断施設があります。健康維持と病気予防ための検査には、人間ドックや脳卒中予防のための脳ドックなどの検査を実施します。又肺がんや乳がんの早期発見と予防のための検査もできます。あまり健康診断を受ける機会が少ない人も、定期健康診断を受けることができます。

More Detail

腫瘍が離れたところへ移動

医者

血液リンパの流れに乗って

癌の転移とは、癌細胞が血液やリンパの流れに乗って発生したところから離れた部位に移動して再び腫瘍を形成することを言います。腫瘍が限局的で早期発見できた場合、手術や放射線治療による治療率は改善されてきていますが、遠隔に転移している場合の予後は未だに厳しい状況です。癌細胞が血液の流れに乗って移動することを血行性転移、リンパの流れに乗って転移することをリンパ行性転移と言います。肺や肝臓や骨や脳などの血液の多い臓器や、リンパの流れの多いリンパ節への転移が多いです。また発生した部位から癌細胞がこぼれ落ち、胸腔や腹腔に広がった状態を播種と呼びます。腫瘍の発生部位や性質によってある程度転移しやすい臓器はわかります。最近では研究が進み「決して恐れることなかれ」といわれています。

納得のいく治療を

癌の発生部位や種類によってある程度転移しやすい部位が予測できるので、治療の時もそれを考慮して先手を打つことがあります。例えば肺の小細胞癌では、脳に転移しやすいためあらかじめ脳へ放射線をある処置が施されることがあります。このように癌の種類によっては先手を打って治療することが転移を防ぐために有効となるケースがあります。しかし完全に防ぐことができる訳ではありません。完治する可能性が全くないとは言い切れませんが、多くは完治は難しくなります。治療の目的は癌を完治させるのではなく、癌の進行を抑えることや苦痛な症状を取り除き生活の質を上げることになります。癌の種類や性質、その人の年齢や免疫力も進行スピードに影響します。完治は望めなくても治療は行えます。自分の体と医師と相談しながら、納得のいく治療をすることが大切です。